涙雨の4日目

この日の第1試合は U15 WORLD FINAL。
クラブユースの世界大会のようでした。
決勝戦はマンUvsシティのマンチェスターダービー!

U15だから身体は小さいのですが技術はかなり高くて、J2に入っても見劣りしないんじゃないかぐらいのレベルはありました。
特にマンUのMFとFWには目を見張るものがありました。
このコたちも将来マンUの選手になって活躍するんですかね。楽しみだね。

試合結果マンU 0-1 シティ
CKで取った1点をシティが守りきって優勝しました。

第2試合は PSVvsボカ
この日のボカはやっぱり早いしプレッシャーがきついしでPSVの選手を翻弄しておりました。
バックパスを追っかけるのも相変わらずだし。
PSVの選手でもこれだから、浦和がもっと翻弄されても仕方ないか。

雨が降ったりやんだり。でも試合には支障がない程度。
前半0-1 ボカリードで終了。

後半始まってから、雨が強くなり始めました。
それがだんだん酷くなって、それこそバケツをひっくり返すような雨!
ついには雷まで鳴りだすしまつ。
スタジアムの屋根にも落ちたように思いました。

「あ〜、これは危険じゃないか?」と思ったころ、試合が中断。
雷は平地にいる人に落ちることがありますから、中断でもしかたないな。
この時は雷がおさまったらPSVvsボカの残り時間から試合を続行させるだろうと思ったんですよ。
選手が引っ込んだ後は雷鳴らなかったのだから。

でも、PSVvsボカはそのまま中止になったよう。
なぜか流れ出す「We are DIAMONDS」。

正直この辺からちょっとおかしいなとは思い始めてました。
なんとなく、舞台裏が右往左往しているような感じ。
それでも、司会と通訳のお兄さんがやってきて、一通り盛り上げて去って行った後に選手が出て来てもいないのにスタメンは発表されたんです。
発表されたから「やるもんだ」と思ったんです。

なのに‥‥会場に流れたアナウンスは「浦和レッズサポーターのみなさん、まことに残念なことに今回の試合は中止になりました。」

それで納得してすぐ帰りますか? 普通帰らないと思うけど。

バックスタンド見てたら、マンUサポのみなさんはあっという間に帰られました。
ほんとにあっという間に席からっぽになった。早いな‥‥
この時マンUサポさんが3人ほどピッチに駆け込みまして、警備員と鬼ごっこ。
すぐ取り押さえられましたけど。

その後はPSVサポさんとひとしきり騒だり、応援歌歌ったり。
あ、風船、持って行ってたんですね。後ろのみなさんが膨らませて持ってた。
中止が決まると、バンバン割ってましたが‥‥わる音が空しく響く‥‥

しばらくその場に残ったのですけど、「これ以上居ても仕方がないね」ってことで、わたしたちはPM9時20分ごろスタジアムを出ました。
雨は降っていましたが、雷は鳴りませんでした。ほんとにその後、一度も鳴りませんでした。

駅に向かう道すがら、後ろを歩いている人が「雷に打たれて死んだ子がいるんだって。だから神経質になってるみたいだよ」って話している声が聞こえました。
ちょっとは慰めになるんでしょうか‥‥

雨はかなり降っているのに電車がなかなかきません。こんな時に雨具用意してないし。
スタジアムでは必要ないと思ったから置いて来ちゃった。
もう泣きたくなるよ‥‥。

電車に乗ったら乗ったで、今度は途中で停まっちゃうし!!!
5分ほど閉じ込められました(T_T)。
これぞ、「泣きっ面にハチ」ですな。
電車内は狭いし人がたくさん乗ってるし、窓はちょっとしか開かないしで酸欠になりそうでした。
ひどいよ〜!!

やっと動き出してピカデリーガーデン駅に到着。ホテル戻ってもうぐったり
そのままふて寝しました。

帰ろ〜な5日目

ホテルを出発するのはAM7時でした。
予定変更になって、予定より早い飛行機になったみたいです。
この日も食事付きだったはずなんですが、朝食はAM7時からなので結局朝食は取れませんでした。
なんか‥‥騙された感じ。

バスでAM7時少しすぎにホテル前を出発。
「COLT」看板の前を通りすぎ、一路マンチェスター空港へ。

空港着いて、チケット引き換えて、ガイドのお姉さんと別れて、とりあえず朝食を取りました。
‥‥空港の朝食は高いよ‥‥なんか悔しい。
おまけにまた、売り子のお姉ちゃんが無愛想でおっかないし!
もう、勘弁してくれい(T_T)

朝食も済んだので、飛行機の出発ゲートを調べると、まだ掲示板に出ていません。
なので、飛行機の中で飲むための飲み物を買って、売店の前の椅子に座ってぼ〜っとしてました。
なんかぼ〜っとしてばっか(^^;)

したら、なんか見慣れたジャージを着た大きな外国人が‥‥アルパイ選手でした!
アルパイ選手が売店で買い物してる〜!
こんなところで御会いするとは!!
え?じゃあ、他の選手も? と思ったらやっぱりいました、ぞろぞろと(笑)
お揃いのジャージ着て、おまけに若い子たちがいっぱいいるから、なんだか修学旅行生がいるみたい。
選手に気が付いた同じツアーの人が何人か、ここでサインをもらっていました。

選手の姿に後ろ髪を引かれつつ、搭乗ゲートに向かいました。(選手よりも1本早い飛行機だった)
ここからヒースロー空港まで飛行機で45分。
飛行機の窓から見た外はすごくいい天気。なんだよ〜。
機内で軽食が出ました。高い朝食を空港で取る必要なかったじゃん(T_T)
なんてタイミングが悪い日なんだ!!

ヒースロー空港に到着して、ここで成田行きにお乗り換え。
また、フライトまで時間があるよ。ひ〜ま〜。
搭乗ゲートが案内されるまでまたぼ〜っと椅子に座ってました。
いったいどれくらいぼ〜っとしたんだか!しばらく「ぼ〜」はもういいや。

ぼ〜っとしてたら、また見慣れたジャージで今度は少し小さめな外国人がいる。
エメルソン選手でした。
エメルソン選手はこの時「ツカレタァ」言うてました。

しばらくしたら、またアルパイ選手発見!
すごく精力的に免税店を物色するアルパイ選手。疲れはないのかな?さすがというか。
更に土田GKコーチと柱谷哲二さん発見。おソロのスーツ着てたからまるで引率の先生のよう。
結局、修学旅行のイメージから抜けだせないw

搭乗ゲート案内が出たので、待ち合い室へ行きました。
したら後から選手たちがやって来まして。同じ飛行機でした。
相方がギド監督と岡野選手と写真が撮りたいというので、シャッターを押してあげました。

ちょっとの間サイン会と化してしまった待ち合い室でしたが、中にはサインもらっておいて「あの人誰?」って言った人がいたらしいです。
知りもしない人のサイン貰ってどうすんのかしら‥‥

それから飛行機乗ってまた、11時間。
客室乗務員が日本語話してる!!うれしい〜!!
英語が理解できないことが相当ストレスになっていたらしい(^^;)

なぜかわからないけど、個人ライトがつかない。まっくらで本が読めないよ。
仕方ないので、また「シュレック2」を見てたらいつの間にか爆睡しておりました。

日本についたら8月7日AM9時10分。すごい。予定通り。
成田からバスで我が家の最寄り駅へ。
あ〜、見慣れた風景だ。懐かしい〜。
バス降りてまずしたことは、サカマガ、サカダイの立ち読み(笑)

立ち読みしてる間に気がついた。わたしずっとかぶってた帽子をかぶってない!!
バスの中に置いて来ちゃった!
慌ててバス管理事務所へ。

「ここには届けられてませんね。こちらへ電話してください」って言われて仕方なく電話するために家に帰りました。
帰ったら、母が昼食にって「サンドウィッチ」を‥‥すまぬ。もうしばらく「サンドウィッチ」は見たくない(T_T)

帽子は結局、バス車庫まで行ってしまって取りに行って来ました。
遠くて遠くて、もう勘弁してください(T_T)

無事帰って来て。

帰って来てネット繋いだら、クラブから「半券を残しておけば何かしてくれる」のお知らせが出てました。
ネットで発表ですか? 全員に伝わったのかな。

試合が中止になった後、駅まで行く道すがらで聞いた「子どもが落雷で死んだ」という情報は本当でした。
これだとやはり、主催者側は責任が持てないんでしょう。
中止もやむを得ずですね‥‥

わたしたちがスタジアムを出た後、ギド監督が説明するために出て来てくれたことを帰ってから知りました。
よく出て来てくれたと思います。こういう時ってあまり出て来ること、ないでしょう。
実際、スタッフにはとめられたそうですし。
その時、混乱が起きなくてよかったです。

試合中継を録画しておきました。
ちゃんと録れていましたが、2回ともボカ戦が録画されていました。
実況の上野さんと解説の川添さんは現地に行ってたんですかね?
音声はそんな感じでしたが。
二人して、浦和サポーターのようになっていたのが笑えました。
ただ、川添さん、ちょっとうるさかったな‥‥

マンチェスターの天気は、昼長袖だと暑いかな、って感じなんですけど、PM6時ごろを過ぎると、急に寒くなってきてGジャン着ててちょうどいいぐらいの気温になりました。
体温調節が難しい気候。
おまけに夜になると必ず雨。
ほんとによく降りましたよ、雨。
決まって夜になってから降るんですよ‥‥

イギリスの食べ物はあまりおいしくなかったというか、英語が聞き取れないので、まともなお店に入る気になれなくて(店員さんに予想外のことを話されると、全然聞き取れない。それがいやで入る気になれなかった)ファストフードやスーパーのお惣菜、サンドウィッチなどで食い繋いだので、味はよかったのか悪かったのかよくわかりません。
とにかく日本が恋しかったです。
またファストフードや空港の店員が態度がすごく横柄で、それだけでビビってました。

母にその話をしたら「ニコニコしてると、騙されるとでも思ってるなじゃない」と言われて、そうかもと思いました。
そんな感じで、あまりまともな食事ができなかったので、帰って来て体重計ったら2kgほど痩せていました。

店員は態度悪かったですが、一般の人はかなり親切で、電車の中で相方が手すりに掴まってなかったら「つかまりなさい」って親切に言ってくれたり、飛行機の中ではトイレが空いてることを教えてくれたりしました。
街中はのんびりしてるし、危険なことは何一つなかったし、英語さえ聞き取れれば住むには快適な街だと思いました。

ただ、どこへ行っても香水の匂いとアロマテラピーのような匂いがして、わたしにはかなりきつかったです。
強い匂いにはすごく弱いんです。

さて、先日発表された「救済措置」。
「中止になった試合の半券を持って行けば、9/4ナビスコ杯準々決勝 vsマリノス戦のSAチケットと引き換える」ですが、ちょっと微妙だと思ったのはわたしだけ?
気持ちはうれしいけど、すっごくうれしいってわけでもない感じ。
予想通り、「もう買っちゃった」って方がおられましたし。
正直「マンU戦」と「ナビスコ準々決勝」では釣り合いが取れないような気がします。
「決勝」ぐらいじゃないと。

その後、「オリジナルタオルマフラー(非売品)」がおまけにつくことになりました。
もうすでに準々決勝のチケットを持ってる人がタオルマフラー欲しい場合二重にチケットを持つことになると‥‥びみょ〜ん。

タオルマフラーそしてこちらが「オリジナルタオルマフラー(非売品)」
これ拡げてみて、ちゃんとマンUのロゴが入っていたのに驚きました。
そこまで考えて作ってあるとは思ってなかったので。
これから先、使うかと聞かれれば‥‥使わないかも。
マンUのロゴが入っているから、vodafone cup限定かなって感じがする。
来年も開催されたら持って行く?(笑)

今回の旅はラッキーとアンラッキーが同時にやってくるような旅で、これはこれでいい思い出になったかなと思います。
「うれしい〜!」と思うとすぐ「悲しい〜」なことがやってくる「浦和レッズ」らしい遠征だったかなと。

以上、vodafone cup観戦記でした。
△TOP